uvcuthaidoro海外では古くから使われてきたハイドロキノンは、日本では2001年から化粧品にも使用できるようになった、まだ比較的新しい美白成分です。

ハイドロキノンはシミやくすみの原因となる、メラニンの生成を抑えるだけではなく、メラニンを作りだすメラノサイトの働きそのものを抑える働きがあるため、シミなどを薄くする効果と予防をする効果があります。

メラノサイトの働きそのものを抑える作用があるため、紫外線対策は絶対に忘れてはいけないことなんですよ。

ハイドロキノンと紫外線の関係

日焼け、シミ、くすみ、ソバカスなどは、肌が自分自身を守るために生産する、メラニン色素によるものです。怪我や衣類との摩擦、圧迫などでも発生するものですが、一番の原因はもちろん紫外線です。

紫外線を多量に浴びると、細胞に大きな負担を掛ける事は有名ですよね。メラニン色素はその紫外線を跳ね返し、体に重いダメージが起こらないようにする為の防御機能です。

白人種のかたがソバカスや皮膚がんになりやすいといのは、メラニンの生産量が少なく、紫外線の影響を受けやすいからです。

ハイドロキノンの美白作用には、既にできているシミやソバカスなどを薄くする作用と、メラノサイトの働きを弱め、これから生産されるメラニン色素の量を減らす作用があります。

メラノサイトの働きが弱まるという事は、それだけ紫外線に対する防御力も弱まってしまうという事なんですよ。

どの程度のUVケアが必要?

たとえ短時間の外出でも、SPF10~20、PA+~++程度のUVケアが必要です。1時間以上の外出の際には、SPF20~40、PA++~+++くらいは欲しいところです。

衣類もUVカット機能付きのものや、紫外線をカットする働きの強い、色が濃く、織り目の詰まったものを選び、目から入る紫外線を予防するために、UVカット付きの眼鏡を着用しましょう。

色の濃いサングラスは瞳孔が開いてしまい、紫外線を受け入れやすくしてしまいますので、レンズは透明か薄い色のものを使うようにしましょう。

蛍光灯の光はUVケアしなくても大丈夫?

曇天や屋内でも油断は禁物です。直射日光が射さなくても、紫外線はあちこちに反射して屋内にも侵入してきますし、曇天ということは、紫外線が雲で跳ね返ってくるということですから。

意外ですが、蛍光灯でも僅かに紫外線が発生していますので部屋の中にいても若干の紫外線を浴びていることになります。晴れの日以外でも、外出する予定がなくても、UVケアは必要だということですね。

ハイドロキノンの持続性は?

体質や濃度によって違いはありますが、化粧品に使用されている、2%程度のものでは1~2ヶ月程度とされています。

希望の肌色まで美白が終わったからと言って、UVケアをおろそかにしてしまうと、肌に深刻なダメージを残し、汚肌になってしまう恐れがありますので、使用を中止してからもUVケアはしっかりと行うようにしましょう。

ハイドロキノンは非常に強い成分です。濃度が高くなれば高い効果も期待できるものですが、それだけ肌にも負担が掛かる成分です。

いくらUVケアが大事だからと言って、強すぎるケアアイテムを使うのはあまりお勧めできません。

肌質と紫外線を浴びる量と相談し、肌に負担の少ないアイテムを使用するようにしましょうね。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ