tiasiiiホワイトニング成分として有名なハイドロキノンには、メラニンの生成を抑制し、その沈着を防ぐ効果があります。

シミの原因であるメラニンの生成に不可欠な、『チロシナーゼ』という酵素の働きを阻害することで美白するため、メラニンの生成そのものが抑制されるという、高いホワイトニング効果が期待できます。

しかしその分、ハイドロキノンは日本人の肌には刺激が強く、さまざまな副作用も報告されています。ハイドロキノンの正しい使用方法を知ることは、とても重要です。

シミができる仕組み

  • メラニン色素:目・肌・髪などの、色をつくる成分。
  • メラノサイト:メラニン色素を生成する細胞。
  • チロシン:メラニン色素の前段階にある物質。
  • チロシナーゼ:メラニン色素をつくる原因となる酸化酵素。メラノサイトだけに存在する。

端的に言うと、シミの原因は、メラニン色素の過剰な生成です。私たちの肌が、紫外線や、摩擦などの外部からの刺激を受けることによって、メラノサイト内にあるチロシナーゼが活性化されます。このチロシナーゼがチロシンと結合することで、チロシンがメラニン色素へと変性します。

メラニン色素は本来、肌を守るために必要な物質です。シミの原因となる成分なので、悪いものと思われがちですが、紫外線が真皮に届かないようにブロックしてくれる、重要な成分でもあるのです。

しかし紫外線の浴びすぎや、加齢、肌のもともとのダメージ、ストレスなどにより、メラニン色素が過剰に生成されてしまうと、肌の新陳代謝(ターンオーバー)では処理しきれずに、シミになってしまうという仕組みです。

ハイドロキノンのチロシナーゼ阻害

ハイドロキノンとは、非常に強いホワイトニング効果を持つ成分です。欧米では最もポピュラーな美白剤ですが、日本では2001年から化粧品に使用できるようになりました。

そのホワイトニング効果は、ビタミンC誘導体の100倍以上とも言われています。ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを直接阻害します。チロシナーゼよりも先にチロシンに結合することで、メラニン色素が生成されなくなるのです。

そのため、結果的にシミが出来にくくなるわけですが、ハイドロキノンはそれと同時に、すでにできてしまったシミに働きかけ、シミを薄くする効果も期待できます。

ハイドロキノンを使用するリスク

チロシナーゼの働きを阻害して、シミをできにくくする成分は、ハイドロキノンのほかにもさまざまなものがあります。アルブチン、プラセンタ、ビタミンC誘導体、コウジ酸などです。

この中でもハイドロキノンのチロシナーゼ阻害作用は、非常に高いことで知られています。しかし、一方で、肌への刺激が強いハイドロキノンの使用方法を誤ると、かぶれ、発疹、白斑など、副作用が起こってしまうことが考えられます。

ハイドロキノンの配合濃度が高い化粧品を、長期間使用することは避けましょう。4~5%の配合濃度が、高い効果を得られ、副作用も少ないため、理想的だとされています。ハイドロキノンを正しく使用して、シミの予防・改善を目指しましょう。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して肌に優しく作用します。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が不という方におすすめです。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ