arubu627美白成分として有名なハイドロキノンとアルブチンですが、両者の関係をご存知でしょうか。アルブチンは、『ハイドロキノン誘導体』とも呼ばれます。

ハイドロキノンの安全性と安定性を高めたものが、ハイドロキノン誘導体です。

どちらも効果の高い美白成分ですが、その効果や使用方法には多少の違いがあります。今回は、ハイドロキノンとアルブチンの違いをご紹介します。

⇒低刺激のハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンに比べて、アルブチンは低刺激

ハイドロキノンは美白効果が非常に高い反面、肌への刺激が強く、濃度の高いものは皮膚科での処方が必要になります。

しかしアルブチンは、ハイドロキノンよりも肌への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の方でもある安心して使用できると言われています。その安全性の高さから、手作り化粧品などにも使用されることのある成分です。

また、ハイドロキノンは顔全体に使用することが少なく、シミのある部分に、スポット塗りすることが望ましいとされています。ハイドロキノンの刺激の強さから、肌に合わない場合、使用方法を誤った場合、長期間使用すぎた場合など、白斑、まだら肌などの副作用が起こってしまう可能性があるため広範囲に塗らないほうが安全だからです。

一方、アルブチンは顔全体に使用することができます。ただしアルブチンには、ハイドロキノンのような即効性は見込めません。ある程度の期間を経て効果を発揮するので、継続して使用することが望ましいとされています。

ハイドロキノンとアルブチンの違い

ハイドロキノンとアルブチンでは、シミへのアプローチに違いがあります。

ハイドロキノン
シミの還元作用……すでにできてしまったシミを薄くする作用。

アルブチン
シミの予防作用……しみができないように予防する作用。

しかしこれは、どちらか一方の効果しかないというのではありません。どちらも還元と予防、両方の効果を持っていますが、ハイドロキノンは還元に、アルブチンは予防に、より優れているということです。

また、アルブチンは肌に浸透すると、その一部が分解されることで、ハイドロキノンの作用も発揮します。肌の弱い方や、肌トラブルはできるかぎり避けたいという方には、アルブチン配合の化粧品がおすすめです。

すでに表皮にまで上がってきたシミ(メラニン)を消してしまうのに有効なハイドロキノン。濃い色のシミにも効果を発揮し、厄介といわれている肝斑、炎症後色素沈着、老人性色素斑、ニキビ跡を消したり薄くするのに期待されています。

αアルブチンとβアルブチン

アルブチンは、厚生労働省がその効果を認めている美白成分です。アルブチンには大きく分けて、天然由来のもの『βアルブチン』と、科学的に合成されたもの『αアルブチン』の2種類があります。

ハイドロキノンとグルコースを結合させたものが、αアルブチンです。αアルブチンの美白効果は、βアルブチンの10倍以上と言われています。またαアルブチンは、βアルブチンよりも肌への馴染みがよいため、美白効果を持つ化粧品にはαアルブチンが配合されることが多くなっています。

ハイドロキノンは熱と光に弱く、すぐに変性してしまうため、しっかりと密閉し、冷蔵庫などの冷暗所での保管が必要となります。しかし、αアルブチンは、その安定性の高さから、通常保存が可能です。

αアルブチンが配合された美白化粧品には、即効性こそありませんが、ハイドロキノンよりも安心して使用することができます。肌が弱くハイドロキノンを使うのに不安が残る場合は、αアルブチンの配合された美白化粧品を試してみてはいかがでしょうか。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して肌に優しく作用します。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が不という方におすすめです。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ