ハイドロキノンは美白効果が高く、シミ、そばかすなどを消したいという人にとって頼りになる存在
です。しかし、そこで気になるのは、ハイドロキノンを使った際に、アレルギーや副作用が起こらないかということです。

アレルギーが出るのはまれなので、それほど心配はいりませんが、アレルギーが起きた場合には赤くなる、かゆくなる、ひりひりするといった状態が起こります。時には湿疹が起こるなど症状は様々ですが、アレルギー症状が出るのは辛いものです。

アレルギーが起こりやすい状態、肌質というのもありますし、そういう状態は避けるようにして、気をつけた方が良い人もいるので、それに当てはまるという人は注意をしましょう。そうすることで、安全にハイドロキノンを使用できるでしょう。どういったことに気をつけたら良いのでしょうか。

⇒おすすめのハイドロキノンクリーム

肌が弱い人、敏感肌の場合は注意ながら使う

元々肌が弱く化粧品などでかぶれたことがあるという人、ニキビができやすいなど肌トラブルがある場合や敏感肌の人は、いきなり使うのではなく、アレルギーが起きないか確認のために先にパッチテストをするようにしましょう。

耳の後ろや二の腕の内側にハイドロキノンを塗って、1~2日経った後に反応を見ます。その時点で何か気になることがあった場合には、使用を止めるようにします。このとき、塗布した部分に日光が当たらないようにしてくださいね。

疲労、風邪など普段と違うことがある場合も注意を
肌が特別弱い人でなくてもアレルギーが起こりやすい場合もあります。睡眠不足になり疲れている、飲みすぎたなどいつもと違う疲労がたまった状態が、アレルギーを引き起こすこともあるのです。風邪を引いている、生理前・生理中など体調に不安がある場合にも同じです。いつもと違って体調ば万全でないという時に使用を始めるのではなく、体調を整えた上で使用をすることが賢明だと言えます。

ハイドロキノンの濃度や使う頻度も重要

ハイドロキノンには濃度があり、それによって効果も違うので、より高い効果を得たいと、どうしても濃い濃度の物を試してみたいと思うものです。しかし、ハイドロキノンが肌に合っていない場合には、余計に肌に負担がかかってしまい、アレルギーとして出てしまうことがあります。

初めてハイドロキノンを使用する場合には、いきなり5%や6%の強い濃度のものを使用するのではなく、低濃度(1%~2%)から試してみて、徐々に強いものに変えていくことが良いでしょう。ハイドロキノンを使う頻度も1日1~2回とされていますが、既定の回数以上に使ってしまった場合なども、アレルギーの心配があります。

長期間使うことで副作用も

肌にかかる負担が大きいい成分ですから長期間使い続けることで肌にダメージがあらわれることがあります。1年使うことで白斑やまだら肌になる可能性が高くなりますから、長くても使い続けるのは3か月を目安にしてください。

ハイドロキノンでアレルギーが起こるという人の割合はそれほど多くはありませんが、使用をする際に気になるという場合には、あらかじめ気をつけるようにします。心配な場合は医師に相談をした上で、処方を受けて使用を始める方が良いと言えるでしょう。使用を始めて気になる点があればすぐに使用を中止しましょう。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ