女性には悩みが付きものですが人には言いにくい悩みもありますよね。普段人に見られるわけではないけど、いざという時に気になってしまうものの一つに乳首の黒ずみが挙げられます。

皆はどんな色なんだろう、こんなに黒ずんでいるのは自分だけなのかな?確認しようにも出来ないのでとても気にしてしまいます。そこで今回は黒ずみの原因から改善方法までご紹介をしたいと思います。

これを読めば悩みは解決することでしょう。逆に読まないといざという時に恥ずかしい思いをするかもしれません。

黒ずみの原因はなに?

原因は主に3つあります。

生まれつき
こればっかりはどうしようもないのですが、生まれつき色白の人と色黒の人がいるように、乳首の色も人それぞれです。

下着などの摩擦や刺激
摩擦や刺激によりお肌はメラニン色素を作って肌を守ろうとします。過剰に生成されたこのメラニン色素が黒ずみの原因になってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ
妊娠、出産をすると乳首が黒くなるという話を聞いたことがないでしょうか。妊娠などによりホルモンバランスが変わると乳首でメラニン色素が生成されやすくなるのです。これは赤ちゃんがおっぱいを飲むときに見やすくするためという説もあります。

乳首の黒ずみを予防するには

乳首の黒ずみの一番の原因は下着の摩擦によると言われています。よってこの摩擦をいかに少なくすることが出来るかどうかがポイントとなります。刺激を減らす方法はずばり、サイズの合った下着をつけることです。小さすぎても大きすぎてもダメです。

 

下着を買うときは出来るだけお店でサイズを測ってもらうようにしてください。自分で測った時とお店だとサイズが違った、なんてことは良くあります。
またお風呂に入る時にも注意が必要です。体を洗う時、お風呂からあがって体を拭く時はゴシゴシこすらずに優しくポンポンとあてるようにしましょう。

出来てしまった黒ずみを改善するには

黒ずみにはハイドロキノンクリームやトレチノインが有効です。ハイドロキノンは強力な美白作用を持つ成分で美容皮膚科などでも処方されるほど効果が期待できるものです。
肌が弱い場合はハイドロキノンンクリームを塗る前に化粧水などで保湿をしてから塗ってください。そうすることでハイドロキノンによる皮膚への刺激感を軽減することが出来ます。またトレチノインには皮膚の新陳代謝を促進してくれる効果があるので出来れば、この2つの成分が両方入っているものを使うのがオススメです。

 

ハイドロキノンはネットショップでも買うことが出来ますが濃度が合わないとお肌にダメージを与えてしまうこともあります。低刺激ハイドロキノンクリームをチョイスするか皮膚科や美容皮膚科などで処方してもらうのが安全ですね。
また、ビタミンCはメラニン色素に働いてメラニンの生成を抑える効果があるので積極的にビタミンCを摂りましょう。

黒ずみ、色素沈着の予防も大切

普段は自分しか見ることのない場所だからこそ気になる黒ずみ、色素沈着ですが、日々の生活で改善できることもあります。いつもより果物を多く食べるように心がけたり、いつもは試着しないで買ってしまう下着をちゃんと測ってもらってから買うようにしたりなど少し意識をするようにしてください。

黒ずみと何も向き合わない人と比べると少しずつですが確実に差が出てきます。悩んでいる人は一人ではないので思い切って皮膚科に行ってみるのも良いと思います。他にも悩んでいる人がいると思うと心がほっとしませんか?お肌のケアを毎日するのと同じように黒ずみのケアも一緒にしてみてください。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ