脇の黒ずみはメラニン色素の沈着が原因であることがほとんどです。メラニン色素は紫外線を浴びると増えると言うイメージがあるものの、刺激を受けた時にも増えることがあります。

ムダ毛処理でカミソリで脇毛を何度も剃ると言った自己処理で起こることはよく知られていますね。黒ずみがあると不潔っぽくなり見た目が悪くなるため、薄着になる夏場は特に悩みの種となることも。

毎日、洋服や腕の動きで摩擦の絶えない部分なので、脇の黒ずみを消すのは普通の市販コスメでは解決しないことが多いもの。

そんな脇の黒ずみに有効と言われているのがハイドロキノンと言う美白成分で、イチゴやブルーベリーなど果物にも存在する天然の成分です。このページではハイドロキノンが脇の黒ずみを解消してくれるメカニズムや使用方法を紹介していきます。

ハイドロキノンにこだわらず脇の美白ができればいいという方には、脇専用の美白コスメもあります。脇の黒ずみ対策美白美容液 SweepWhite(スウィープホワイト)は有効成分としてトラネキサム酸、ホワイテーヌ、アルピニアホワイトなどの美白成分を濃密に配合しメラニン生成を抑えるさらっとした使い心地の美白コスメです。
SweepWhite

脇の黒ずみにハイドロキノンが有効な理由

紫外線や刺激により黒い色のメラニン色素が増えますが、これはチロシナーゼの活性が大きく関わっています。ハイドロキノンにはこのチロシナーゼの活性を抑制する作用があります。

その他にもメラニンの生成を抑える作用があり、脇の黒ずみ予防にも有効です。コスメに良く配合されているビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分と違い、ハイドロキノンにはメラニンを取り除く作用もあります。そのため出来てしまった脇の黒ずみ解消にも期待度の大きな成分となっています。

ハイドロキノンはどこで手に入る?市販?処方薬?

ハイドロキノンは市販のコスメにも配合されており、手軽に試すことが可能です。厚生労働省から許可されている美白成分のハイドロキノンですが、その推奨させる濃度は2%程度となっています。

市販ハイドロキノンクリームでも濃度はいろいろあり2%~5%と幅広く、どれを使っていいのか迷うほどです。市販でも処方薬でも副作用は稀に起こってしまいますので、できるだけ副作用の起きない低刺激なハイドロキノンクリームをおすすめします。

市販のハイドロキノンクリームの値段は1500円程度からあります。医療機関を受診して処方してもらう場合はは、4%濃度5gの内容量で1700円から1800円ほどとなっています。(病院、医院によって違います。)

脇にハイドロキノンを使う場合

顔にできたシミを消すために使用する場合は、シミの部分にだけ塗るようになっていますが、脇は広範囲になりますね。広範囲ではありますが黒ずんでいる部分だけに塗るように、境界線を考えて使用していきましょう。黒ずみ以外の部分に、はみ出て塗らないように注意してください。

黒ずんでいる部分が狭い時は、顔に使用する時と同じように綿棒などに少量取って塗布すると良いでしょう。ハイドロキノンを塗るタイミングはお風呂上り20分程過ぎてから使用するのが望ましいです。夜に塗布し、朝には蒸しタオルなどでしっかりとふき取っておくと安全です。

平均的には3か月ほどの使用で黒ずみが薄くなってくるのを実感できるはずですが、使用を中止するとまた黒ずみが始まることがあります。しかし、長期使用すると白斑が出来るリスクがあるため一時的に使うのを中止する必要があります。

⇒ハイドロキノンの効果が表れるまでの期間と休止期間について

ハイドロキノンの注意点はある?

5%という高濃度のハイドロキノンには動物実験において発がん性が認められたことがありました。そのため5%に満たないギリギリの4%濃度のハイドロキノンクリームを用意する医療機関も見られます。早く漂白したいといっても高濃度にはこだわらないほうが安心して使用できます。

その他に注意したいのが紫外線です。ハイドロキノンクリームを使用していても紫外線を浴びると赤く腫れたりと症状が悪化しかねる原因になります。脇は紫外線があまり当たる部分ではないですが、夏場などノースリーブを着用している時は特に注意が必要です。

夜に塗布したハイドロキノンを朝、タオルでふき取っておいても、紫外線が気になると言う時は日焼け止めクリームを塗布してから出かけると良いでしょう。

安全性の高い成分ではあるものの、濃度の高いハイドロキノンほどかぶれや赤み、刺激性皮ふ炎などの副作用が出やすくなります。もしこういった症状が見られた時はすぐに使用を中止しましょう。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ