シミを消してくれることで知られているハイドロキノンクリームを、目の下のクマを消そうと思って使う人がいます。しかし、これは注意が必要です。ハイドロキノンクリームで消せるクマと消せないクマが存在しているのです。

ハイドロキノンクリームで消せるクマは、茶クマ

ハイドロキノンクリームで消せるクマは茶クマだけです。しかし、それでも確実に消えるわけではありません。「とりあえず試してみる」ぐらいに解釈しておきましょう。「茶クマとは、一体どのようなクマなのか?」を理解しておく必要があるので、簡単な概要を説明しておきましょう。

メラニン色素の塊:メラニン色素でできるシミといえば、紫外線による日焼けです。ハイドロキノンクリームは、メラニンを撃退してくれるので、メラニン色素でできている茶クマなら効果をもたらしてくれます。

肌ステインの蓄積:肌ステインというのは、コーヒーとかワインに含まれている渋のこと。この成分が肌にも含まれていることが分かっています。肌ステインが蓄積すると、茶クマのようになるのです。しかしこれは体に現れる場合もあるので、必ずしも目の下に現れるクマというわけではありません。メラニン色素というわけではないので、ハイドロキノンクリームは作用しないことの方が多いです。

最終糖化産物:最終糖化産物は、美肌ケアが効果をもたらさないので、ハイドロキノンクリームは期待しない方がよいです。しかし、古い角質を落として、ターンオーバーを正常に保つことができれば、抑えることはできます。ビタミンCを摂取すると効果的だと言われています。

ハイドロキノンで消せない、黒クマと青クマ

黒クマとは:生まれつきのメラニン色素の沈着や、涙袋のたるみなどが原因です。「メラニン色素が原因なら、ハイドロキノンクリームで消せるんじゃないの?」と感じる人たちも多いかもしれませんが、黒クマに関しては効果を発揮してくれません。

生まれつきのメラニン色素なのでしょうがないのです。黒クマを改善させたいのであれば、美容外科で治療するのが適切です。ヒアルロン酸を注射して涙袋のたるみを消したり、まぶたの裏側を切除して、脂肪を引っ張りだすなどの対応をしてくれます。

青クマとは:目の下の皮膚が生まれつき薄いことにより現れるクマです。皮膚が薄いことが原因で、毛細血管がクマのように見えるのです。青クマは、改善させるのは難しいと言われています。

そう言われている中でも、比較的効果的といわれているのは「寝不足を避ける」、「目の下の保湿を十分行う」などです。寝不足は、クマを引き起こす原因として知られていますよね?青クマをますます際立たせてしまいますから、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

青クマが目立つ人は、保湿が甘い人にも多いようです。化粧水をたっぷり使って、毎日保湿するようにしましょう。保湿効果の高いヒト型セラミドを配合した化粧水・美容液がおすすめだと言われています。

クマを消すためのハイドロキノンクリーム

ここまで説明してきたように、ハイドロキノンクリームを使えるかどうかのクマの判断は、素人には難しいこともあります。そういった場合はトライアルコスメを使ってお試し感覚で美白ケアしてみるといいでしょう。

しかし、そんな悠長なことはできない一刻も早く消す必要がある!というなら、「クマを消すためにハイドロキノンクリームを使いたい」と、病院を受診し医者の診察を受けた上で処方してもらうといいですね。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ