ハイドロキノンクリームは、シミを除去して美白効果をもたらしてくれるアイテムとして有名です。稀ですが、使う人によっては肌に痛みを感じる人もいるのです。

ハイドロキノンで肌が痛いと感じる原因とは?

主に考えられる原因は次のようなものとなっています。

原因その1、濃度が濃い

ハイドロキノンクリームの濃度は1%から4%が通常です。一般的なデータで言うと、濃度が1%から3%くらいなら、肌に痛みを感じることは少ないようです。しかし、4%以上になると肌に痛みを感じる人がいます。

原因その2、保管状態が悪く、ハイドロキノンクリームが酸化している

ハイドロキノンクリームは、しっかり蓋をするだけではなくて、冷蔵庫に入れて保管するのが理想的です。適切な保管をしておかないと、ハイドロキノンクリームが酸化して、茶色く変色することがあります。それに気付かず、肌に付着させてしまうと肌トラブルを引き起こすのです。従って、ハイドロキノンクリームはなるべく早く使い切るようにしましょう。しばらく使っていなかったハイドロキノンクリームを使用する時には、パッチテストを行ってから使うようにしてください。

原因その3、ハイドロキノンクリームに対するアレルギー

稀ではあるのですが、ハイドロキノンクリームにアレルギーを持っている人もいます。これは、事前にわかるものではなく、ハイドロキノンクリームを使って、初めてわかること。ですから、どうしても肌質に合わないと思うのであれば、直ちに使うのをやめて、皮膚科の先生に相談することをお勧めします。

原因その4、角質が剥がれすぎている

ハイドロキノンクリームは、ピーリング作用を持っています。ピーリングというのは、古い角質を剥がして、新しい柔肌を目立たせる作用です。これにより、シワが剥がれて、美肌をもたらすことができるのです。しかし、効果がききすぎると、角質が剥がれすぎて、剥がす必要のない新しい角質も剥がしてしまうことがあります。

原因その5、ホルモンバランスの変化

日頃からハイドロキノンクリームを使っていて、トラブルがなかったとしても、ランダムに肌トラブルを引き起こす場合があります。そんな時は、ホルモンバランスの変化が原因かもしれません。ホルモンバランスが乱れると、肌の免疫力が低下するため、痛みを感じやすくなるのです。ホルモンバランスが乱れやすくなる場面といえば、生理中や妊娠中。こんな時に痛みを感じる場合は、ハイドロキノンクリームとは、一旦距離を置いた方がいいかもしれません。

ハイドロキノンによる痛みを放置すると?

ハイドロキノンクリームを使ったことで、肌に痛みを覚えた場合、それが一時的なものなら特に心配する必要はありません。しかし、痛みを感じるにもかかわらず使い続けると、肌がかぶれて炎症を引き起こす場合があります。適切な処置をしないと、茶色く変色してシミになってしまうこともあるのです。

ハイドロキノンを使う場合には稀ではありますが赤くなる、ヒリヒリするなど副作用が起こることもあります。こういった副作用を起こさないような安定型ハイドロキノンを使ったクリームもありますから、特に肌が弱いと実感されたことがあるならそういった肌に優しいハイドロキノンクリームを選ぶようにしましょう。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ