皮膚科でハイドロキノン治療するときの価格など

美白のためにハイドロキノンクリームを使用しているという人は少なくありませんが、美容外科、皮膚科でもハイドロキノンを処方してもらうことができます。ハイドロキノンは美白の効果が非常に高くもともとは医療機関で使用されていた成分だからです。

皮膚科の場合でも美容目的で使用する場合は市販のハイドロキノンクリームと同じく、シミや怪我、やけどなどの跡の消すために使用されます。使用方法も普通に患部にただ塗っていくだけです。

市販のハイドロキノンクリームと処方されたもので、クリーム自体にはとくに変わりはありません。

⇒ハイドロキノンの医療用と美容用の違いってなに?

市販ハイドロキノンより費用が掛かるかも

美容目的のハイドロキノンの処方は保険適用外なので、治療費は各皮膚科によって異なります。実費になるのでそのクリニックによって価格(値段)が変わってきます。

一般的には10グラムあたり4000円前後のハイドロキノンの費用と受診料が必要になりますが、詳しい価格、受診料金は実際に通院する美容外科、皮膚科に問い合わせてみるといいでしょう。

病院によってはレーザー治療をおすすめしてきて断れなくなるということも耳にしますので「ハイドロキノンが欲しい」とちゃんと伝えるようにしましょう。

⇒効果の高いハイドロキノンクリーム

処方されたハイドロキノンでも副作用は防げない

処方される皮膚科によっては含まれるハイドロキノンの濃度が高い場合もあるので、副作用が出やすくなる可能性もあり使用には十分な注意が必要です。

高濃度だと、患部以外の肌には触れることのないように気を遣わなければいけませんし、出来るだけ薄く塗る必要もあります。市販のハイドロキノン配合クリームなどの化粧品ならここまで気を使う必要はなく綿棒でシミにちょんちょんつけるくらいでOKです。

人によってはハイドロキノンを使用して副作用が現れることもあります。もちろん、すべての人がそうというわけではありませんが、ハイドロキノンを肌に塗ってシミや怪我の跡が濃くなったり、赤みがでるかゆみがあるなど異常が発生した場合にはすぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

普通肌の場合、1か月程度でシミや跡も薄くなっていくのですが、その人の肌質や体調によってはあまり実感できないこともあります。

⇒ハイドロキノンの効果が表れるまでの期間は何日?どのくらい掛かる?

処方ハイドロキノン、市販品の違いはない?

ハイドロキノンは副作用があるという点が唯一の欠点といえますが、信頼できる皮膚科の医師が診察を行い処方するのであれば注意点を守るようにすれば心配するほどでもないでしょう。

もちろん市販品でも反応が出たときにすぐにストップするのが当たり前ではあるので、ちゃんとした商品であれば美白効果や副作用は処方薬も市販品も同じ効果が得られます。市販品で注意したいのは製造されてからの保管状態と期間です。

⇒ハイドロキノンの酸化を予防する保存方法とは?

ハイドロキノンは酸化が進むと効果がなくなり、副作用も出やすくなるので新しい商品を買うことが重要です。ちゃんとしたメーカー品で公式サイトからの通販だと新鮮なハイドロキノンを使うことができます。

とはいっても、やはり市販品は信用できない、医師に診てもらいたいという場合には、皮膚科の診察を受けてみるのもいいかもしれませんね。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ


>> おすすめハイドロキノンクリームはこちら

関連記事

ハイドロキノンの医療用と美容用の違いってなに?