ハイドロキノンで肝斑も薄くなる!肝斑を効果的に早く消す方法

ある程度の年齢になると、お肌のシミが気になる…という悩みを持つ人は多いはず。シミに効果があるとされるスキンケアコスメなども色々と発売されていますね。

シミにも種類があり、その中でも薄くするのが難しいといわれているのは「肝斑」という目の下、頬に大きく左右対称に広がるシミです。

そしてこの肝斑の治療に使われるのが「ハイドロキノン」という成分。普通のシミに効果的なハイドロキノンですが、肝斑にも優れた効果があるのでしょうか?

⇒肝斑にも効くハイドロキノンクリーム

肝斑とは

そもそも肝斑の特徴とはどういうものでしょう?肝斑というのはシミの一種で、頬に左右対称に現れるのが特徴。両頬にもやっと広がったような形のものもあれば、目尻の下付近に小さく広がったタイプ、また口の周りや額に出るタイプもあります。

肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れることにより出来るシミだと言われ、妊娠や経口避妊薬(ピル)などにより誘発されるため、おもに30歳代以降の女性に多く見られるタイプのシミだと言えます。

肝斑の治療薬ハイドロキノンとは?

そんな肝斑の治療薬として皮膚科などで処方されるものに「ハイドロキノン」があります。そもそもハイドロキノンとはその強力な漂白作用から、美容クリニックなどで美白剤として使われてきた成分です。

美白成分と言えばビタミンCなどが思い浮かびますが、ハイドロキノンとその他の美白成分の大きな違いは、「既に出来てしまったシミに効果がある」という点です。なので、実際の医療現場などでもシミ治療薬として使われてきたのですね。

一方ビタミンCなどはシミの原因であるメラニン色素の生成を抑える働きはあるものの出来てしまったシミに対しては効果が期待できません。

ハイドロキノンはトレチノイン併用で効果アップ

しかし、一般的に皮膚科などではハイドロキノンだけでなくトレチノインという薬とセットで処方されます。トレチノインというのはビタミンA(レチノール)の誘導体で、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する作用があります。

皮膚の細胞分裂を促進させ、古い角質をはがすことでシミの原因であるメラニン色素を押し出して排出させてくれるのです。

このトレチノインに、メラニンの生成を防ぐ効果のあるハイドロキノンを組み合わせることで、より効率的にシミ(肝斑)を薄くしてくれるのです。

また、それだけでは皮膚に浸透しにくいハイドロキノンですが、トレチノインと一緒に使うことでお肌に浸透しやすくしてくれ、よりシミ対策に効果があるというメリットもあるんですよ。

ハイドロキノンには副作用もあるの?

しみ・肝斑治療に効果的とされるハイドロキノンですが、効果があるだけに副作用なども気になる点ですね。ハイドロキノンはアトピー肌にでも問題なく使えるとされていますが、人によっては肌がかぶれたり赤くなってしまうということもまれにあるようです。

⇒ハイドロキノンはアトピーの色素沈着も消せる?

また、間違った使用方法や使用量の誤りなどにより、白斑というお肌の一部が白くなってしまうトラブルを招く恐れもあります。

さらに、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線を浴びると逆にシミが濃くなってしまう場合があります。ハイドロキノンを使用する際は紫外線ケアをしっかり行うというのが鉄則です。

⇒UVケアが必須なハイドロキノンだけど蛍光灯の光もNGなの?

肝斑の治療薬としてよく使われるハイドロキノンの効果や注意点についてまとめてみました。なかなか治りにくいとされる肝斑ですが、ハイドロキノン治療により改善する可能性があります。ハイドロキノン治療を希望する際は、必ず皮膚科などの医療機関で医師に相談し、薬の使用量なども厳守するようにしましょう。

人気のハイドロキノン配合美白クリーム

ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンはアンチエイジングに強いドクターズコスメです。美白ケアトライアルセットは7日分、浸透テクノロジーQuSomeにより、深層までしっかりをハイドロキノンがいきわたり美白へ効果を発揮します。365日返金保証は美白効果への自信の表れです。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル

赤み、肌荒れなどの副作用も多いハイドロキノンを安定化して配合!肌が弱い人でも使える美白クリームです。セットになっている化粧水(ローションAO II)にも新安定型ハイドロキノンが配合されています。これまでのハイドロキノンクリームでは副作用が心配という方におすすめです。

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ


>> おすすめハイドロキノンクリームはこちら

関連記事

ハイドロキノンを使うとお肌が乾燥するのは普通?

ハイドロキノンの効果が表れるまでの期間は何日?どのくらい掛かる?

ハイドロキノンはアトピーの色素沈着も消せる?

ハイドロキノンの美白効果と抗酸化作用

ハイドロキノンでそばかすを早く消す方法

ハイドロキノンでほくろも消すことができるの?